視力回復方法子供(小学生・中学生・高校生)の近視回復訓練機器グッズ

アイトレーナーは、視力回復に有効とされる近視凝視法(前後への移動訓練)と拡散訓練(左右への拡散訓練)が同時に行えるという、世界初の構造を持つ新しい視力回復訓練光学器機です。テレビ画面を10分見るだけで、1〜2週間で違いが実感できます。視力訓練を自宅でいつでも手軽にできるため、お子様(小学生・中学生・高校生)の近視回復トレーニングに大変効果的です。
space

 多くの小児期の近視には適切な訓練が必要です。
 私は、 視力訓練において「手軽さ」と「継続性」の2点が必須と考え、ご家庭のテレビ画面を凝視することで視力トレーニングができる視力訓練器アイトレーナー』を考案いたしました。
アイトレーナー写真
  
アイトレーナーなら!
25歳くらいまでの方の視力訓練に!
疲労回復を待たずに!


当店よりアイトレーナーをご購入いただいた方に、もれなくトレーニング方法の説明ビデオを配信しております(ストリーミング配信となりますので、上記映像が見られない方は残念ながらご視聴できません)
テレビ画面を見ることで視力訓練!

 近視は、「メガネで矯正すれば済む」、「遺伝だから治らない」、そして結局「近視は治らない」が常識として定着しています。しかし、お子様の近視には適切な訓練が必要と考えます。
 その訓練は、(1)遠くのものと眼前近くのものを交互に見る「水晶体体操法」、(2)遠くにある視標を凝視する「望遠訓練法」、(3)近くのものを見ている時の「より」と反対に、両を外側に開く訓練をする「開散訓練法」、(4)虫メガネと同じ凸レンズを通して遠方を凝視して、水晶体の屈折力を減少させる「凸レンズ装用法」、以上4つの訓練原理に基づくトレーニングです。
 視力訓練器アイトレーナー」は、上記4つの訓練原理を、ズーム機構など独自の光学技術を用いてコンパクトに実装した製品です。「アイトレーナー」を通して、ご家庭のテレビ画面を10分ほど凝視することで、視力トレーニングをご家庭でいつでも、効果的に行うことができます。簡単な視力訓練で疲労回復を待たずに継続できます。とくに成長期のお子様の仮性近視近視近眼に、お役に立てれば幸いです。


 
アイトレーナー推薦の言葉

「テレビを見ることで視力訓練できる光学器械『 アイトレーナー 』について」

 近視訓練方法の発展は、新しい訓練法の開発、訓練報告など過去に数多くの積み重ねが行われてきました。これら訓練法の内容もきわめて多岐にわたり、多面的なアプローチがみられます。
 しかし、過去数十年にわたるこのような近視対策の発展にもかかわらず、近年の学童の近視罹患率の騰勢はかわることがなく、少なくとも統計上では近視訓練の困難な状況が示され、あたかもこの点において無力であったかのごとき観があります。近視対策は、近視が発生、進行する時期であるところの学童期における訓練と、近視としての症状が固定する25歳過ぎの、主として手術を主体とした治療とに大別できますが、後者についてはレーザー手術(いわゆるLASIK手術)による治療が普及してきております。
 そこで特に学童期における視力訓練について、注意点を再考しました。

アイトレーナー喜びの声が寄せられています